ブログ

2021年06月09日

ご受講者の声・症例

首痛が呼吸法で無くなった!

【呼吸は筋肉と密接に関わっている】

肺は、息を吸う時に
肋骨周辺の筋肉が働くことで
胸の空間を広げ内圧を下げるから膨らみ
息を吐く時はその逆です。

肋骨周辺の筋肉がスムーズ動かないと
良い呼吸はできないということなのです。

首や頭の骨、肩甲骨や背骨、骨盤にも
呼吸のサポートをする筋肉が付いており

それらの筋肉をスムーズに使えるように
呼吸練習をしているため

下の写真の方のように
歪みや痛みが解消する方がおられます。

"どこに息を入れるという"
意識してのコントロールや
姿勢維持の筋肉の強化などは行なっていません。

講座前は、首を動かすと
電気が走るくらい痛みがあったのに
呼吸練習で全く痛みが無くなったそうです。

続きはこちら

https://ameblo.jp/bjwalking/entry-12679116539.html